スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

できそこないの物語 3巻

ショートショートなのか、確かに。

しかし、ゆったりしていて、良い意味でシリアスという感じはまったく無い。
ストーリーもそうだけど、キャラクターが何よりもそうだったりする。

もっと物語を複雑にさせて、もっと感動させる事ができるような話でも、あえて深刻さなんかを持ち出さない。
悲しいではなく、あえてちょっと切ないに止どめている気がする。

かなり優しく、ちょっと切ない癒し系漫画。
絵柄と作画が非常にマッチしていて絶妙な雰囲気を出している漫画。

忙しい日常を忘れさせてくれる。

できそこないの物語 3 (シリウスコミックス)できそこないの物語 3 (シリウスコミックス)
(2010/01/22)
箱宮 ケイ

商品詳細を見る

スポンサーサイト
コメント

こういう良作ショートマンガは良いものですね。仰る通り、あまり深刻にならないのが良いです。気軽に読めて癒されて、でも深くかみしめるともっと良さがわかる。
・・なんていう理屈はともかく。とにかく、大好きなんですよね。

ですねー。
この作品においては、この作品の愉快な世界にどれだけ入っていけるかによって良さというものが全然変わってくる気がします。
ただ、面白いけどレビュアー泣かせでもあります。

最近では雰囲気漫画という言葉がありが、漫画において雰囲気は重要ですね。
高浜 寛の凪渡りなんかは湿度まで伝わってきそうな絵柄の雰囲気だけで、漫画を芸術まで昇華しているイメージあります。
内容はやはりシンプルです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。