スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シークレット・ウェポン・オーバー・ノルマンディ

 最近お邪魔しているまいたさんのBLOGを観ていたら、自分もゲームの感想を書きたくなった。
 適当に感想を書いたり、超適当に点数を付けてみたいと思う。


 公式ページ(煩いBGMあり)

 さて、このゲームはというと、今ではPS2のゲームをやってる人間で知らない人間は居ないだろうという洋ゲーメーカーのエレクトロニック・アーツから出たレシプロフライトシューティング。

 世界観が一番の独自性だというゲームに強烈パンチを加えた作品。(嘘)

シークレット・ウェポン・オーバー・ノルマンディーシークレット・ウェポン・オーバー・ノルマンディー
(2004/01/29)
PlayStation2

商品詳細を見る

続きを読む »

スポンサーサイト

エースコンバット3 エレクトロスフィア

 自分にとってはかなり思い入れのある作品。
 初めて買ったエースコンバットシリーズで、以降の作品は発売日買っている。(6はPS3を持っていないので買って無い)

 今やっても十分楽しめるのはさすが。
 ちゃんと世界観があるエースコンバットはこれが最初。
 反発が大きかったのか、次作の4は非常に淡白なストーリー展開となった。
 戦闘システム、ミッションの楽しさでは4が面白かったけど、自分的には4は物足りなかった。
 完成度は高いけど、もう1度やろうとは思わないかな。
 それに対して、3はふとやりたくなってしまう魅力ある作品。


エースコンバット3 エレクトロスフィア PlayStation the Bestエースコンバット3 エレクトロスフィア PlayStation the Best
(1999/05/27)
PlayStation

商品詳細を見る

続きを読む »

刻命館

 このゲームを知ったきっかけはモンスターファームだった。
 モンスターファームというゲームのシステムに、音楽ディスクもしくはPSのディスクを読み込む事によってモンスターを生む事ができるシステムがあって、同じテクモのゲームのディスクは特別なモンスターが現れる設定になっている。
 刻命館の場合、最初の刻命館の主であるアルデバラン(マジンベース)が生まれる。
 マジン使いであった自分にとって、アルデバランは魅力的だった為、アルデバラン欲しさに刻命館を購入した。

 ところがどっこい、刻命館を試しにプレイした所非常に面白かった。
 名作として名高いモンスターファームと同じくらい楽しかった。

 知名度が低い理由はこのゲームの趣旨にある。
 直接的な攻撃は無く、トラップを設置して、タイミングよくトラップを発動しダメージを与えたり捕獲したりと直接的では無い所にあると考えられる。

 ただ、カルト的人気はあるらしく、シリーズ化している。
 惜しいことはPSでは3作品あったのに対して、PS2では1作品しか存在しない。

 驚くべき事に公式サイトが存在するようだ。

刻命館 PS one Books刻命館 PS one Books
(2001/11/22)
PlayStation

商品詳細を見る

続きを読む »

テーマ : 懐かしのゲーム - ジャンル : ゲーム

今更ながら

奇跡のクソゲーが気になる。
野球は好きだし、MAJORはアニメで観ていて非常に好きな作品だが、これは流石に笑える。
78d37eda.jpg
斬新なトルネード打法を駆使したバッターが登場するらしい。
主人公の茂野もクビだけトルネード投法を行うなど、ゲームオリジナル要素が大きいらしい。
これは本当に酷いんだろうな。
ゲームシステムに問題が無ければ良いけど、守ってる野手の守備もやばいらしい

これ買った子供は確実に泣くんだろうな。

凄く久々にRPGをやった

RPGと言えば、ドラクエモンスター以降やっていない。
早く進行させる事が難しいRPGはせっかちな自分にとっては非常に敷居が高いゲーム。
仮にRPGとして面白くても、ストーリーが好きになれなかったら恐らく飽きてしまう。

後輩のオススメもあってテイルズ オブ ジ アビスをやった。

アニス、ジェイド、ティアのキャラクターが非常に面白かった。
それだけに各キャラクターの内面を掘り進めて欲しかった。

ただ、ストーリーを早く進行させる事もできるけど、セレクトボタンを押す事により雑談が楽しめるシステムは非常に自分好みだった。

何よりも勧善懲悪で無いってのは非常に良かった。
完全悪を完全正義が完膚なきまでにやっつける話はやっぱ好きになれない。

しかし、最近のRPGは本当に良くできている。
それ程最近じゃないんだろうけど。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。