スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更新されてる

野崎コンビーフが更新されている。

見る人によってはショッキングな可能性もある為、検索は自己責任で。
スポンサーサイト

模索の果て

理想形というものはあらかじめ存在する。
理想形を人間が創り出すなんて事は決して無い。
仮に理想的なものができても、それが紛れも無い理想であるかなんて誰も分かりはしない。
最小単位が分からないのだから。

宇宙を旅したサクラの種、小中学生のもとへ

宇宙を旅したサクラの種、小中学生のもとへ

宇宙を旅した桜の種を小中学生に配るとか。

無重力や放射線を浴びた事により、奇怪な当然変異が発生したり、全然発芽しないなどの恐怖を幼少期から与える事により、地球無しに人類は生きて行け無いという事を、恐怖により徹底的に植えつける事が目的と思いきや、意外と普通に発芽するらしい事実を知りそういう目的じゃ無い事が分る。

まー、そりゃそうだわな。(笑)
宇宙飛行士の人がそんな目的で配るわけが無い。

別に宇宙に行く事を否定するわけでも無ければ、地球を守ろう♡とかいう気は全然無く。
奇怪な突然変異が出てきちゃったらギャグとして面白いなと思っただけ。
実際起きたら大問題だろうけど。


人為的に放射線照射で突然変異を起こすのと、遺伝子組み換えってどんくらい違うのかな?とちょっと気になった。

オタクとか

自分にとってアニメというものは最近ではどっぷりはまるというモノではなくなって来ている。

かといってアニメを一切観ない時期というモノも無く、いつの時期アニメを観ている。

好きなアニメやアニメのキャラクターを馬鹿にされた所でどうとも思わない。
昔は必死に抗議していた記憶がある。

最近は自分にとってアニメというモノは空気のようなモノになっているのかもしれない。

アニメというメディアに固執する事はなくなり、そこばかり貪欲に調べる事も無くなった。

今の自分に取って感覚的にドラマもアニメも変らない。

最近ジャンル分けというモノもかなり大雑把になった。
それはきっと、それらがどれも自分にとって異質なものでは無くなったのかもしれない。

ロボット

思い付いたので、書き出してみる。

欧米では一般的にロボットというものは良質な存在じゃない。

日本ではロボットは大抵ヒーローの場合が多い。
何故だろう?



仮説1 宗教

神の存在を信じてる人間が多いアメリカでは、正義=人間の分身を人間が作るなど禁忌であり、できたとしたら悪魔の類だろうという事。


仮説2 奴隷

長年奴隷を使って来た時の意識が残っている。
日本のように同じ民族の弱者を人権をそれなりに認めつつ使役しているのとは異なる。
暴動や復讐も激しいものだったのかもしれない。使役される異質な存在に必要以上に恐怖しているのかもしれない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。