スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青い花がアニメ化するらしい。

アニメ『青い花』公式サイト
他はあんまり興味無いけど、コミカルな動きをするあーちゃんを観てみたいなー。
でも、映んないんだろうな。(苦笑)


肝心のコミックは4月22日の予定らしい。
スポンサーサイト

終わりと始まりのマイルス

鬼頭莫宏が描くSF的なファンタジー。
本作は白鬼頭。
以前エロティクスFで描かれた殻都市の夢と同じく独特の世界観を持ち、趣味全開。
独自の世界観については、巻内で番外編として紹介されている。

よんどねさんも感想を書いてらっしゃる。


過去の遺物が結構登場する。
F-22と競って負けたYF-23や各種レシプロなどのマニアックな乗物が登場する。

思い入れ(キ力)が蓄積していくと、別の世界に飛んでいってしまうという終わりが必ずある世界観は、前回の殻都市の夢同様切ない物語があるのではないかと期待が高まる。

当然エロティクスFなので、そういう内容も少なくない。
直接的な描写は無い。

でも、やっぱ恥じらいとかにはフェチズムを感じる。

owaritohajimari001.jpg
こういうの好きです。
ただ、この人のストーリーは好きだけど、絵柄はあんまり好きじゃなかったり。

キガクは恐らく長門だろうな。

評価 ★★★★ 女の子の恥じらいが可愛い、話が見えてくるのは先かな。

鬼頭はなるたるのせいで鬼畜作家と思われているけど、残暑や殻都市の夢を読むと見方が変わるだろうけど、そこまで踏み込む読み手は少ないと思う。
残虐性とは別の意味で殻都市の夢は他人に安易には勧めるべきではないけど。
なるたるの中でもロシアでの話なんか暖かさがある小話も入っているけど、凄まじい残虐性と破壊性で隠れてしまっている。
ぼくらのを読むと、それらの残虐性が不条理に負けない強さを演出する為の仕掛けに過ぎないのではないだろうかとも思ったりする。

終わりと始まりのマイルス1 (Fx COMICS)終わりと始まりのマイルス1 (Fx COMICS)
(2009/03/12)
鬼頭 莫宏

商品詳細を見る
残暑―鬼頭莫宏短編集 (IKKI COMICS)残暑―鬼頭莫宏短編集 (IKKI COMICS)
(2004/06/30)
鬼頭 莫宏

商品詳細を見る

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

ナックルとかツーシームとか

初ブルペン、ナックル姫始め…「足腰を鍛えないと」

女性がNPBに入る実力を発揮できる可能性としてナックルはありなのかな?
ただ、現在のNPBの球では手元で動く球だけでは難しいんじゃ無いかと素人ながらに思ったりする。
ツーシーム、シンキングファスト、スプリットフィンガーファスト、カットファストなどのムービングファストだけで活躍する選手はNPBには居ない。
ダルビッシュ、小林雅、清水、川上はムービングファストを武器しているものの、どの選手も球が速く最高150キロは推移する。
その選手の代名詞と言われるのは川上のカットボールと清水のSFFくらい。

ツーシームを武器とするマダックスは高校時代にストレートを動かすようにと指導されたらしいけど、それは単にアメリカの指導が進んでいるというだけではなく、ボールが違うってのもあると思う。
マダックスはチェンジアップもスライダーもあるだろって意見もあるらしいけど、昔はストレート(多分ツーシーム)で押していたとの事なので、かなりムービングファストだけで通じたんじゃないだろうか?

チェンジアップの普及率もボールの違いだと考えられる。
縫い目が高く、空気の影響が大きいという事は、回転を抑えた時のブレーキの利きが全然違うんじゃないかと思う。

モーション云々、投球時間云々いうのだったら、もっと多様性や可能性を持たせる為に、メジャーと同じ球を使ったら面白くなるんじゃないかと思った。

MLBではと4シームでも特にスピンが強いものをライジングファストというらしいけど、既にそれも変化球なのかな?
となると藤川が随一のムービングファストの使い手?


っと語ってみるものの単なる素人の空想だけど。(笑)

彼らの犯罪

いつの世にも罪を犯す人々がいる。彼らは何故、犯罪に走るのか? その裁判を見つめる人がいる。視線の先には犯人がいる。明らかになる事件の経緯。だが、心に浮かぶのは疑問とやりきれなさだった……。「女子高生コンクリート詰め殺人事件」を題材にした著者渾身の作品集!

彼らの犯罪を始めとするフィクション的な漫画。
完璧なフィクションであるかは定かではない。

彼らの犯罪、親が・殺す、夢の入り口、横からの構図、が収録されている。

彼らの犯罪は女子高生コンクリート詰め殺人事件、親が・殺すは浦和・高校教師夫妻による息子刺殺事件、夢の入り口はユートピア会という組織について扱われている。
横からの構図はショートショート集で、性のあり方について扱っている。

最初の3つについては非常に歪みについて巧く描かれている。
怖いし、気分の悪くなる作品だった。
メッセージが高く、作品自体も間違いなく慎重に難しいテーマを扱ったという感じだった。
ただ、面白さは皆無。
殺しと言うと、落合の罪と罰があるけど、あれはスリリングだし、娯楽性があり、続きを読みたいと感じる作品だったが、彼らの犯罪はエンタメ性が皆無で、気持ち悪さばかり残る戒めの漫画だった。
こういう真面目な作品は感動を誘うような作品が多いけど、そういう面はまったく無い。

評価 ★★★ 道徳の教科書より道徳の教科書的な漫画、娯楽としての価値は皆無、難しいテーマを使っているのに違和感を感じないのは凄い

彼らの犯罪彼らの犯罪
(2009/03/06)
樹村 みのり

商品詳細を見る

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

月光橋はつこい銀座

下町の商店街を舞台に、虫やウンコ大好きの小学生・タケと、夢見る乙女な中学生・のりが繰り広げる人情物語。

成長と古き下町の終わりと言う2つの終わりを描いている。
暖かく切ない漫画だった。

早熟でちょっと捻くれた(環境により)スンといかにも子供って感じのタケが非常に良いコンビだと思った。
しっかりしているけど非常にコミカルな表情を見せるのりちゃんが非常に可愛い。
gekko.jpg

コミカルシーンは笑いではなく、キャラクターの魅力を引き出す為に使われている。
笑えるタイプのコミカルさではない。



あとがきに続きを描きたいと書いているけど、続きがあったら是非描いて欲しい作品。
非常に綺麗な漫画、だけど若干物足りない感も否めない。
イシデ電の漫画は今まで読んだ事はないけど、他の作品も読みたくなった。

評価 ★★★★☆

月光橋はつこい銀座 (バーズコミックス)月光橋はつこい銀座 (バーズコミックス)
(2009/02/24)
イシデ 電

商品詳細を見る

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

チェルシー

☆異色漫画家D[di:]が10年間描き続けた、生と死の狭間の国の美しき絵ものがたり!

ちょっと怖くて、切ない、スイートな異色ファンタジー !

ひとりぼっちの少女は、ある日、不思議な生き物たちが見えるようになって・・・。世のすべての「悲しみ」を見た少女の「新しい家族」の神話、キャンディのように甘く、血のように鮮烈で、涙のように物悲しく心を打つ物語。



絵柄が特徴的で気になったので購入。
ハードカバーで非常にデザインにこだわった感じの本。

漫画というよりかは絵本といった感じ。
読者層は子供ではなく、大人の女の人なんじゃないかなと思った。
俺も読者層から外れている。

笑いあり、少し切なく、少し優しく、可愛い。

コワカワ系というのはこういうのを言うのかな?
文字で伝えるより、絵の方が伝わる。

cher01.jpg
cher02.jpg
cher03.jpg

雰囲気漫画。
他に一緒の雰囲気が見つからない異色な作品というだけで読む価値はありそう。

評価 ★★★★

チェルシーチェルシー
(2009/01/13)
D[di:]

商品詳細を見る

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

アフタヌーン2009年4月号

いもうとデイズを気に入りつつある。


ネタバレ

続きを読む »

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。