スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラック・レイン

ニューヨーク市警殺人課の刑事ニック・コンクリンは妻と離婚し、その子供の養育費を稼ぐのに日々苦労していた。そして、彼はある事件の麻薬密売品の押収品(金)を横領した嫌疑をかけられ、内務捜査官たちから査問を受けていた。そんなある昼下がり、ニックと、同僚のチャーリー・ビンセントは、レストランに居た日本のヤクザの幹部と子分を、もう一人のヤクザが刺殺する現場に出くわす。追跡の末に男を逮捕するものの、日本国内での犯罪で指名手配されていたため、その男-佐藤を日本に護送することになった。

佐藤を護送する任に就き、日本まで向かう二人だったが、到着した先の空港(伊丹空港と思われる)で警察官のふりをした佐藤の手下たちに佐藤を引き渡してしまう。


ブレード・ランナーのリドリー・スコットの映画で、松田優作の遺作としても有名なようだ。
高倉健、松田優作、マイケル・ダグラスと豪華な配役。

サイバーパンク的雰囲気を期待したら、期待通りの雰囲気を出してくれた。
でも、無理に日本にこだわったのが良くない。
ヤクザはリアルなのに、変な小屋で会議したりと違和感を感じる部分も多々あった。
それがかなり邪魔をしている。
ストーリーはブレード・ランナーと同じで、良く言えばシンプル悪く言えば薄い。
この監督の持ち味は背景美術やBGMで絶妙な雰囲気を出すことにある。
持ち味は上手く発揮しているのにもったいない。
リドリー・スコットの作品はSFという制限の少ないジャンルで発揮される。
普通の近代ドラマではこだわりとリアリティーがマッチしない。
実際舞台は日本だけど、アメリカや香港でロケを行ったことも多いらしい。

ブレード・ランナーに比べるとやはり評価は落ちてしまう。
自分が日本人じゃなければ同じような評価だったかも。

評価★★★★ 雰囲気映画として非常に良いけど、違和感が余りにも多い。でも、良さはあり、味のある作品

ブラック・レイン デジタル・リマスター版 ジャパン・スペシャ [DVD]ブラック・レイン デジタル・リマスター版 ジャパン・スペシャ [DVD]
(2007/05/25)
マイケル・ダグラス高倉健

商品詳細を見る
スポンサーサイト

タクシードライバー

タクシー運転手のトラビスは、大統領候補の選挙運動員ベッツィに心を惹かれる。だが、デートは失敗。そんな折、トラビスは13歳の売春婦、アイリスと出会い、足を洗うよう説得する。トラビスは使命を感じ、アイリスのいる売春宿に向かったのだが…。
ニューヨークの夜を走る1人のタクシードライバーを主人公に、現代都市に潜む狂気と混乱を描く。ベトナム帰りの青年トラヴィスをロバート・デ・ニーロが演じ、世界の不浄さへのいらだちを見事に表現した。トラビスの強烈な個性は、70年代を代表する屈折したヒーロー像となった。
監督は、マーティン・スコセッシ。ホームタウンのニューヨークを舞台に、先鋭な人間ドラマを作りあげた。これが遺作となったバーナード・ハーマンの音楽も印象的で、特にトム・スコットのアルトサックスが冴えわたっている。(アルジオン北村)



社会に取り残されている孤独なんかは良く表現されている。
ネオンと雨、音楽の演出というのは素晴らしかった。
主人公の世間知らずで純粋な青臭さは途中までは共感できたけど、銃を購入して筋トレするあたりからどうも共感できなくなってしまった。
正直な所、途中から悲劇なのか喜劇なのか判断しかねる作品だった。

やっぱりそこがアメリカ人と日本人の考え方の違いだろうか?
アマゾンのレビューだからに海外の人に黒澤作の白痴を見せたら。コメディーと勘違いされたとあった。
捕らえ方なんて人それぞれだろうか?

自室で筋トレというと、森恒二のホーリーランドを思い浮べるけど、ああいう優れたアクションもない。

余談だけど、これを観てまず思い出したのが、攻殻機動隊SAC2だったり。
というか、飽食の僕は間違いなくタクシードライバーのオマージュだろう。
魔が差してこういう病んだ考えになっちゃうこともあるよな。あちゃーって共感するなら、そちらの方がそういう意味では共感しやすい。
もっと滑稽だし。

ラストの英雄化にはそれなりの意味があるのだけど、あれはこの作品の本質を分り難くしている。
SAC2の方は単なる妄想で終わって、目立たない同僚が実は憧れていた本当のテロリストだったというもっとあちゃーな展開になっている。

青臭さを真面目に描いた映画は他に沢山あるだろうし、社会的弱者を真面目に描いた作品は漫画なら沢山ありそう。
俺にとってこの作品の世界、ベトナム戦争終戦間の無いアメリカあというのは明らかな異世界だから共感できないという部分もあるかもしれない。
この時の空気感を知ってる人にとっては真面目な作品に移るかも。


評価:★★★ 一見の価値はあるけど……。

タクシードライバータクシードライバー
()
シネマ・タプート

商品詳細を見る

3月購入予定の漫画

03/04
集英社
バクマン。 7
小畑 健
03/05
講談社
鉄風 1
太田 モアレ
03/05
講談社
鉄風 2
太田 モアレ
03/13
徳間書店
響子と父さん 
石黒 正数
03/17
講談社
マルドゥック・スクランブル 1
大今 良時
03/19
集英社
ノノノノ 10
岡本 倫
03/19
集英社
ぎんぎつね 2
落合 さより
03/23
講談社
宇宙兄弟 9
小山 宙哉
03/23
講談社
しずかの山 1
松本 剛
03/25
エンターブレイン発行/角川グループパブリッシング発売
放浪息子 10
志村 貴子
03/30
小学館
ラストイニング 25
中原 裕

将国のアルタイル 6巻

この作品で一番に目に付くのはディテールへのこだわりだろうか?
こだわりの強さと絵の上手さについては、この作品を読んだ人間なら一見して分る。

この物語は戦記モノなのなので基本的には淡々と進んで行く。

今回は姫の覚悟の強さや王の息子への思いなど、結構熱い面が見れて良い回だった。
王が仮面を被る時は何か覚悟しているのかもしれない、息子と同じ繊細な人間である可能性は高いかもな。

鉄風1,2巻

背が高くて性格の悪い女子高生・石堂夏央。眉毛が太くて性格が天然の女子高生・馬渡ゆず子。
ふたりが出会ったその瞬間、女子総合格闘技界に熱く激しい風が吹く!! ブレイク必至のフルスケール女子バトルコミック、第1・2巻同時発売!!

アマゾンのあらすじより

太田モアレとはアフタヌーンの賞である四季賞で『囚われクローン』四季賞と『魔女が飛んだり飛ばなかったり』四季大賞を受賞した新人作家。
アフタヌーンの四季賞を常にチェックしているアフタヌーンマニアの中で非常に注目されている作家。

鉄風は初の連載作品で、ついに単行本化。

全てなんでも上手くやってしまう石堂夏央が、馬渡ゆず子に負けた事から、勝つ為に総合格闘技を始めるという話。
石堂夏央は予め負ける事を覚悟して負けたものの、思ったよりも実力差があったことにより情熱を燃やす。
物語の話は今の所単純だけど、描写能力で魅せてくれる。
『魔女が飛んだり飛ばなかったり』も話自体は非常にシンプルでふざけた感じだったけど、話に抑揚を付けるのが非常に巧く最後には不覚にも感動してしまった。
恐らくこの作家の強みというのはそこにあるのかも知れない。

登場人物もどこか癖があって非常に魅力的。

絵柄はどこと無く遠藤浩輝に似ているような気がする。
空手部主将早苗はソフィアの義体化前にそっくりなのが、そういう風に感じてしまう理由かもしれない。

非常に次が楽しみな作品。
オールラウンダー廻といい、総合格闘が熱い!

アフタヌーンの新人だと庄司創も非常に凄いけど、連載も楽しみ。
流れから行くとそろそろかな?


追記

どうやら太田モアレは遠藤浩輝のアシスタントでは無いのか?と自分は勘ぐっていたのだけど、どうやらまったくそういう事は無いようだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。