スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今期アニメ

デッドマンワンダーランド
C
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
三国演義
青のエクソシスト

は結構面白いと思った。
他に見ているのは花咲くいろはくらい。
マギカは気になるけど場所的に見れない。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
が一番気になるタイトル。
ガリレイ・ガリレイの青い栞という曲が内容に凄くマッチしているのは反則。
OPのアニメーションが秀逸で、あなるがうつむくあたりが素晴らしいと感じた。
EDのシークレットベースも内容には合っているけど、やはり歌唱力が足りなすぎる。
普通にZONEの使いまわしではダメなのだろうか?

そしてこれからの勝手な予想だけど、それぞれのトラウマを描く感じになりそうな気がする。
そして、あなるは同じ高校の生徒にハブにされそうな気がする。

めんまかわいそうとかそういうのもあるけど、やっぱ仲間って良いなって思えるのが今の所のこの作品に関する感想。
スポンサーサイト

サマーウォーズ

簡潔に言うと期待はずれだった。

問題は作者が何を結局描きたかったのか良く分らないという点だった。
前作『時をかける少女』は若者の甘酸っぱい青春を描く事が主題にあった。
今回はバラバラで一体何を描きたいのか分らなかった。
バーちゃんの年を重ねた凄みなのか、主人公の隠れた才能の凄さなのか、隠し子の叔父絡みの家族愛なのか。
全てを追ったせいで全てが希薄になり過ぎてしまった。
とストーリー面はダメダメだった。

ただ、背景などの演出は良かったな。
風景の美術が素晴らしい。
バーちゃんが死んだ時のシーンの演出が特に良かった。

SFとしては破綻していた。
これは突っ込むべきではないのかもしれないし、よく考えれば分る事。
そういう部分は期待していないので問題ない。

良いところはあるけど、やっぱ全体的にはあまり良くなったという印象。

ウィキペディアを見るとジャンルがサイバーパンクになっているけど、これはサイバーパンクではないだろう。
サイバネティックスでも無ければ、パンクでも無い。


サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]サマーウォーズ スタンダード・エディション [Blu-ray]
(2010/08/01)
神木隆之介、桜庭ななみ 他

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。