スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぎんぎつね

表紙が好みだったので衝動買い。
中身の絵柄も非常に好みだった。

主人公まことは神社の跡取りなので、神使という神の使いが見える。
基本的に神使は人間と同じような性格で、異質な物としては描かれていない。
寿命が長く、千里眼、予知能力があり、神社や祠の中に居ないと力が衰えるという設定のようだ。

妖怪や神なんかが描かれている作品では夏目友人帳があるけど、そちらよりも人間同士の話が多く、どちらかというと町でうわさの天狗の子に近いと感じた。

ぎんぎつね 1 (ヤングジャンプコミックス)ぎんぎつね 1 (ヤングジャンプコミックス)
(2009/09/18)
落合 さより

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。