スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

でろでろ

ミスミソウを最初に読んだ時、最初はギャグ漫画だと勘違いしていた。
後半を読んでその考えは改まった。

でろでろはまだ3巻までしか読んでいたけど、何故そのような勘違いをしたか分かったような気がする。

この作家の絵柄はギャグに対する特性が非常に高い、それ故に、シリアスな漫画すらも、ギャグ漫画に見えてしまう。

描き方が大きく変る、何故か主人公の妹が凄く可愛い。
色々書き込むばかりが技術じゃない事を改めて確認した気がする。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。