スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジキルとハイドと裁判員

こすよめで気になったので、読んでみた。
それぞれが一番に選ぶ作品はやはりハズレが無いなー。

裁判長の顔の壊さが尋常じゃない!!

キャラは全体的に立っている。
表情を描く表現力が凄いと感じた。(技術的な事は分からないけど)

裁判を戦うというバトル的な楽しみ(心理戦)できる作品。
2巻の終り方があれなだけに、次が非常に気になる。

ただ、武器で戦うような描写は、作品がチープに見えてしまうから余分な気がする。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。