スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘレンesp 1

のほほんとした癒し系漫画かと思ったら、開いてみると全然違った。

事故により視覚、聴覚、と声を失った少女が主人公。
それが原因なのか分からないが、犬や人ならざるモノとテレパシーで意思の疎通が測れるという特殊能力を持っている。
盲導犬であり愛犬のヴィクターと意思が通じる為、それ程障害が深刻には描かれていない。

この物語は彼女のesp能力による人間には分からない次元の話が主題となっている。
この作品は観ようによっては非常に薄気味悪い。
逆にいうならミステリアスでシュールな不思議な味わいのある作品でもある。

基本的に人間は悪いモノと描かれていて、人ならざるモノは悪い存在としては描かれていない。

特にヘレンの日常、ヘレンと魔王、ヘレンの花畑では顕著に現われている。

基本的にこの作品では悪意が無く無意識の内に虐げられてしまう弱者が描かれているような気がしたり。

時に花畑ではあまりに後味の悪い。

初回の伏線らしい一言もあってか、薄気味悪い印象しか残らなかった。
今後が気になる作品だけど、優しい絵柄だからといって不用意に手を出す作品では無い。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。