スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タクシードライバー

タクシー運転手のトラビスは、大統領候補の選挙運動員ベッツィに心を惹かれる。だが、デートは失敗。そんな折、トラビスは13歳の売春婦、アイリスと出会い、足を洗うよう説得する。トラビスは使命を感じ、アイリスのいる売春宿に向かったのだが…。
ニューヨークの夜を走る1人のタクシードライバーを主人公に、現代都市に潜む狂気と混乱を描く。ベトナム帰りの青年トラヴィスをロバート・デ・ニーロが演じ、世界の不浄さへのいらだちを見事に表現した。トラビスの強烈な個性は、70年代を代表する屈折したヒーロー像となった。
監督は、マーティン・スコセッシ。ホームタウンのニューヨークを舞台に、先鋭な人間ドラマを作りあげた。これが遺作となったバーナード・ハーマンの音楽も印象的で、特にトム・スコットのアルトサックスが冴えわたっている。(アルジオン北村)



社会に取り残されている孤独なんかは良く表現されている。
ネオンと雨、音楽の演出というのは素晴らしかった。
主人公の世間知らずで純粋な青臭さは途中までは共感できたけど、銃を購入して筋トレするあたりからどうも共感できなくなってしまった。
正直な所、途中から悲劇なのか喜劇なのか判断しかねる作品だった。

やっぱりそこがアメリカ人と日本人の考え方の違いだろうか?
アマゾンのレビューだからに海外の人に黒澤作の白痴を見せたら。コメディーと勘違いされたとあった。
捕らえ方なんて人それぞれだろうか?

自室で筋トレというと、森恒二のホーリーランドを思い浮べるけど、ああいう優れたアクションもない。

余談だけど、これを観てまず思い出したのが、攻殻機動隊SAC2だったり。
というか、飽食の僕は間違いなくタクシードライバーのオマージュだろう。
魔が差してこういう病んだ考えになっちゃうこともあるよな。あちゃーって共感するなら、そちらの方がそういう意味では共感しやすい。
もっと滑稽だし。

ラストの英雄化にはそれなりの意味があるのだけど、あれはこの作品の本質を分り難くしている。
SAC2の方は単なる妄想で終わって、目立たない同僚が実は憧れていた本当のテロリストだったというもっとあちゃーな展開になっている。

青臭さを真面目に描いた映画は他に沢山あるだろうし、社会的弱者を真面目に描いた作品は漫画なら沢山ありそう。
俺にとってこの作品の世界、ベトナム戦争終戦間の無いアメリカあというのは明らかな異世界だから共感できないという部分もあるかもしれない。
この時の空気感を知ってる人にとっては真面目な作品に移るかも。


評価:★★★ 一見の価値はあるけど……。

タクシードライバータクシードライバー
()
シネマ・タプート

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。