スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トゥー・エスプレッソ

海を越えた漫画家がみつけた、愛と再生の物語。 日仏同時発売!絶美の漫画家・高浜寛、待望の復活! ◆フランスで漫画を描いているベンジャミン。いくつかの賞を手にし、漫画家としての名誉も得たはずの彼だが、厄年を迎える現在、漫画へのモチベーションは薄れてしまい、自堕落な生活を送っている。そんな彼の脳裏に浮かぶのは、まだ売れる前、雨降るパリで一晩だけゆきずりの関係を持った日本人女のことだった――。女の残したメモを手がかりにベンジャミンは愛知県の片田舎の町へと降り立つ。廃駅の町で小さな喫茶店や菜園を営む日本人家族と、フランス人漫画家の、ちょっと奇妙で心温まる交歓を描いた、愛と再生の物語。

凪渡りでこの作家を知った。
どこか思わせぶりで、深みのある恋愛漫画だった。
この作品を読むちょっと前にイエローバックスを読んだ。
どこか間の抜けたコミカルな作品だった。
凪渡りにもそういう部分があったけど、他の味が強く、それほど感じないところだった。
コミカル部分、人間臭さを描くのはこの作家の持ち味らしい。
自分が尊敬するマンガソムリエさんのよると〔滑稽さ〕ということらしい。
今回はその中間あたりだと感じた。

主人公の過去の恋愛の話は結構深みのある恋愛漫画として描かれているけど、落ちもああだし、どこかシリアスとコミカルが交互に出てくる不思議な作品だった。
値段はちょっと高めだけど、普通の作品に飽きて変わった漫画を読みたいのなら凄くお勧め。

トゥー・エスプレッソトゥー・エスプレッソ
(2010/04/21)
高浜 寛

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。