スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のりりん1

のりりん(1) (イブニングKC)のりりん(1) (イブニングKC)
(2010/07/23)
鬼頭 莫宏

商品詳細を見る
妙に自転車を毛嫌いする主人公・丸子一典が自動車ではねそうになったことがきっけかで織田輪と知り合う。
主人公はその後、合コン帰りに定員オーバー、飲酒運転で一年の免許停止を受けてしまう。
織田輪の母や仲間が自転車を勧めるにも関わらず、拒否し続ける主人公だが、輪の母が無理やり置いていった自転車を返すため、しぶしぶ運転することとなる。


鬼才・鬼頭の自転車漫画。
連載前から、何人死ぬだろうとか、どうせ崖から落ちて死ぬんだろとか意見が多数出た作品。
今のところは死者ゼロ。

のりりんというタイトルにこの表紙ときて、なるたるの古賀のり夫を思い浮かべた。
古賀のり夫は少女のように可愛い見た目をした男で、服装も女の子のような服装をしている。
同性である鶴丸丈夫が好きで、おそらくは性同一性障害だと思われるキャラで、可愛らしい見た目であるにも関わらず壮絶な最後を遂げることにより、なるたるの読者に大きな衝撃を与えたキャラクター。

のりりんの表紙に載っている織田輪はのり夫に似ている。
しかも、のりりんというタイトルなので、これはのり夫の過去の話だろうかと考えてしまった。
それか、のりりんという可愛らしい見た目に少年が主人公の話あと想像していたけど、普通に女の子だった。
何か不思議と安心した。

内容としては普通の自転車漫画で、全体的に明るい印象。
結構コミカルなシーンも多く、今までの長編とは大きく異なる雰囲気を持っている。
輪がかなりの天然ですっとぼけている。
初期の短編では暗いばかりではコミカルなシーンも結構あった。
その印象に近い。

今までとは違う意味で面白く、期待できそう。
でも、多分自転車だからといってスポコンにはならないんだろうな。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。