スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放浪息子 11

一時期この漫画はあまり好きじゃない時期があった。
登場人物に感情移入できないのと、特にストーリーがなく進んでいく漫画なので退屈だった。

最近になって全ては進んで行き変わって行くのだという青春漫画らしくなって来て面白くなった。
ついに二鳥くんに声変わりが到来。
そしてその変化に高槻くんは少しドキドキしたり、男女恋愛の王道的な展開になりつつある。
異性の格好をしたがるというのは、思春期故の間違いとなるのか、このまま進むのかはこの漫画では結構気になる所だったり。

でも、志村貴子の漫画はそういうストーリーの主軸を楽しんだりするより、キャラクターがドタバタコミカルに動くのをミーハー的に楽しむのこそが本当な気もする。
高槻くんがちんちんが欲しいとか言っちゃったり、普段ツンツンの千葉さんが高槻くんに衣装を貸すこと興奮して喜んだりとか。
最近千葉さんが可愛いなあ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。