スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むすんでひらいて 1~4

★11月5日/第27話公開!★次回第28話は12月5日公開予定です★
高校入学初日に、学校一美人の先輩・朝木日摩裏に一目惚れした古屋広呂。でも、広呂ばかりか、まるで男を寄せつけない日摩裏にはある重大な秘密が…。果たして、広呂の想いは日摩裏に届くのか――!? 
先輩、同級生、幼なじみ、先生……。高校生たちの様々な恋愛模様をオムニバス形式で描く、学園青春ラブストーリー。


一言で言うとただの恋愛漫画。
表層だけをみるならばパンチラなどのサービスカットも結構あるし、女の子も可愛らしく、ただ読者に媚びている萌漫画のようにも見えてしまうのだけど、けしてそうではない。

女の子が可愛いばかりでは無く、内面的にも魅力があり、又、男の子の方もかなり魅力的なキャラで好感が非常に持ててしまう。

というかむしろ内容的には少年漫画より少女漫画寄りで、ターゲットはどちらかというと女性なのでは無いかと推測される。
そもそもマッグガーデンの漫画は全体的に女性ターゲットなんじゃないだろうか?


それは、おいておこう。
話がそれた。
声を大にして言いたいのは決して萌漫画ではないということだ。

この作品の一番の魅力はキャラクターにあり、劇的なドラマは無いけど、日常の中でキャラクターの魅力を引き出す話を丁寧に書いた漫画であると感じた。
まー、オムニバスって結局そういう漫画が多いのだけど。

自分の好みのせいか分からないけど、青春漫画の名作というとどこかせつなく、暗さがどこか付きまとっていくタイプのもの(河よりも長くゆるやかに、甘い水、潔く柔くなど)が多いけど、それらとは違うベクトルで一般的に少年漫画、少女漫画の様に明るく時に切ない軽快な恋愛青春漫画がパワーアップした感じの漫画だと思った。
むすんでひらいて (1)むすんでひらいて (1)
(2010/07/14)
水瀬 マユ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。