スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京トイボックスと大東京トイボックス

 気になったので読んでみた。
 知ったきっかけはアマゾン。
 日本橋ヨヲコで検索すると大東京トイボックスの2巻がなぜがリストに入ってくる。
 ちなみに東京トイボックスの著者のうめで検索すると別のものも当然うじゃうじゃ出てくる。

 大東京トイボックスが期待できるわりにレビューがない。
 後日、東京トイボックスを読んでみて納得が行った。
 東京トイボックスは打ち切り作品で、なまじ続編があるから、東京トイボックスがちゃんと完結した作品のように勘違いしやすくなっている。
 打ち切りなのに正統な続編ってどういう事なんだろうって事になるが、出版社が講談社から幻冬舎に変わってるんだな。
 東京トイボックスがちゃんと完結した作品だと解釈しちゃったら浅いという烙印を押されても当然。

 そういう事が多いのとバーズがマイナーなのもあって大東京トイボックスを読んでる人が少ないんじゃないか。

 まー、普通にこれからの作品だからまだ評価しないっていう正当な理由も思いつくけど。
 この時点で評価するのは早合点。
 でも、面白くなりそうなのに、レビュー無いと知名度無くて打ち切りなるってのはある。
 印象としては日本橋ヨヲコのようで、実は 働きマンといった感じかな。

大東京トイボックス 1 (1) (バーズコミックス)大東京トイボックス 1 (1) (バーズコミックス)
(2007/03/24)
うめ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。