スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とろける鉄工所

 タイトル的に気になったので購入。
 蟹工船が流行ってるらしいからシビアなブルーカラーモノだと想像した。

 溶接工の生活は大変だという事が描かれているのは確かだが、コミカルな感じで描かれている。
 登場人物の性格設定は極めて単純なんだけど、不思議と味がある。
 随所に溶接の話が出てくる溶接漫画で、溶接の技術や溶接の危険、溶接を取り巻く環境が軸になってる。
 溶接ネタは尽きないのか勝手に心配になったり。

 結構面白いけど、真剣に読んでしまうと誰も溶接工にはなろうとしなくなっちゃうんじゃないのか?

とろける鉄工所 1 (1) (イブニングKC)とろける鉄工所 1 (1) (イブニングKC)
(2008/11/21)
野村 宗弘

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。