スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エースコンバット3 エレクトロスフィア

 自分にとってはかなり思い入れのある作品。
 初めて買ったエースコンバットシリーズで、以降の作品は発売日買っている。(6はPS3を持っていないので買って無い)

 今やっても十分楽しめるのはさすが。
 ちゃんと世界観があるエースコンバットはこれが最初。
 反発が大きかったのか、次作の4は非常に淡白なストーリー展開となった。
 戦闘システム、ミッションの楽しさでは4が面白かったけど、自分的には4は物足りなかった。
 完成度は高いけど、もう1度やろうとは思わないかな。
 それに対して、3はふとやりたくなってしまう魅力ある作品。


エースコンバット3 エレクトロスフィア PlayStation the Bestエースコンバット3 エレクトロスフィア PlayStation the Best
(1999/05/27)
PlayStation

商品詳細を見る
<システム>

 操作システムとしては、イージーモードでは操作も簡易化され簡単にクリアできるようになっている。
ただ、ノーマル以上だとリアルな操作を求められる。

 3の一番の特徴ともいえるシステムとして、移籍システムが存在する。
 最初はUPEO(治安維持対策機構)に所属しているが、他の組織に移る事もある。
 特定のステージで、主人公は選択する事ができる。
 命令により仲間を撃ち殺すか撃ち殺さないか、他の企業からのヘッドハンティングを受けるか断るかなど。
 選択肢によって他の企業や組織に移る事ができる。
 全体として5つのルートが存在する。
 それぞれエンディングも違う。

 システムの大きな欠点としては、機体の選択が限られている事。
 後半は最強機体しか選べないなど。
 武器も以降の作品に比べて豊富ではない。

<世界観&ストーリー>

 事情にSF色が強く、キャラクターの性格もオリジナル航空機のデザインも非常に個性的。
 流線型のビルが建ち、巨大移動都市が海を移動し、国というものが力を失い、ゼネラルとニューコムという2つの多国籍企業が政治すらも牛耳っている。
 かなり先の未来を創造するという挑戦心が伺える作品。
 余りにも前衛的なのと、お馬鹿な個性キャラが沢山出てくる事により、好きじゃない人間も結構居るのは良く分かる。

 移籍システムも密かに魅力の1つだったと思う。
 今まで仲間を裏切ってライバル企業に移籍するというのは意外と現代的なんじゃないかと思う。
しかし何だかんだ良いながら、最初のUPEOに居続けるのが一番のハッピーエンディングだと思う。
灰汁の強いキャラばかりで唯一の常識的なメインキャラと言われるフィーが死んじゃうのはつらいけど、エリックと主人公で夜の海岸に取り残されたレナを迎えにラストは爽やかこの上ない。
 メインキャラが殆どまともじゃ無いのは近未来的なのかもしれないけど、そこが3の弱点になっている。
 近未来的でサイバーな3より、前大戦的な雰囲気漂うZEROの方がリアリティーが無くファンタジーなイメージがする。
 利益の為に戦争する企業(パイロットも果てしなくスタンドプレー)の方が、国家の誇りと国民の為に伝統ある戦士達が広げる大戦よりはるかにリアリティーがある。
 ベルカの伝統の騎士より、ディジョンの口車に乗せられたインテリ馬鹿ねーちゃんの方がリアルだと思うけどなー。

 戦闘以外の所はアニメでできていて、アニメの部分は攻殻などで有名なIG。


<やりこみ要素>

 全ルートをクリアするとフリーミッションモードが登場する。
 フリーミッションモードでは色々な機体が選択可能。
 ミッションの達成度によって使用できる機体が決まってくる。
 全てのミッションが○○以上となっている為、他の達成度がAでも、1つでもDだと、最低限の機体しか使えない。
 なおニューコムルートのミッションはPOWER FOR LIFEは達成度の評価が他と少し違い。
 シンシアの指示通りに動かないとDとなってしまう。
 頑張り次第で、オーロラやジオペリア、レナカラーのフランカーが使えたりと、意外とやりこみ甲斐はあったり。


<総評>

 非常に灰汁が強い。
 特にキャラクターの灰汁が強く、キース、レナは既にお笑いキャラと化してしまっている。
 機体のデザインも斬新でデルフィナスやナイトレーベンなど既存の航空機とはかけ離れたデザインをどう思うかという心配もある。
 人に勧められない心配要素はあるけど、他にこういうゲームは無い。

ゲーム性     ★★★★(すぐに飽きる作品では無い)
グラフィック    ★★★★(結構良い方 PSでは最高峰である事は間違いない)
世界観      ★★★★★(サイバーパンクな近未来世界を舞台にしたフライトシューティングは他に無いと思う。BGMも独特の魅力があり、自分はサントラを持ってたり)
無茶苦茶度   ★★★(ヒロインのレナが切れてるキャラというのは非常に斬新かつ無茶苦茶)
難易度      ★★★

 なんだかんだいって良作。
 適当に点をつけると80点。
 面白いけど、感動は一切無い。
 BGM、デザインなどを含めた世界観がたまらない。
 ただ、淡白さを求めるなら4、感動を求めるなら5をオススメし、エースになった気持ちを味わうならZERO。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。