スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年のベストマンガランキング ベスト6~11

こすヨメγ'09用にベスト5を書いた。
6以下のマンガは紛らわしいので書かなかったが、ベスト5には入らなかったけど面白かった作品を紹介してみたいと思う。
正直な所、ベスト10候補をピックアップして順番を決めると言う作業は難しかった。
ベスト5に偽りがあるわけじゃないけど、正直な所ベスト10はほぼ同じオススメ度であり、大きな差は無い。
と言うより罪と罰は、『マイナーだけど、こんな凄い漫画があるんだぞ!』と紹介したくてベスト1にしただけで、完成度は他の漫画と劣るのでは無いのだろうか?という節もあったり。(苦笑)
ベスト10に入る作品は全て面白い漫画だという自信はある。


ベスト6 海街diary 吉田秋生

この漫画が凄いよと紹介するという趣旨からは外れるので除外。
何と言ってもこの漫画の知名度は高いので、いまさら凄いとっても……というところ。
今の所一番の見せ場は1巻ですずが泣くシーンかな。
人間ドラマとして非常に完成度が高いと感じる。
特に傷ついた若者を描くのが非常に巧いと感じる。

ちなみに吉田秋生の有名な過去の作品を読んでみた。
どの作品も青春漫画。
『夢みる頃をすぎても』、『河よりも長くゆるやかに 』、『櫻の園』、『ラヴァーズ・キス』の4作品だけど、どれも非常に良かったけど、『河よりも長くゆるやかに』は特に素晴らしかった。
『櫻の園』は男の俺にはどうも理解しにくかった。



ベスト7 ホーリーランド 森恒二

この漫画が凄いよと紹介するという趣旨からは外れるので除外。
今年完結した作品で、結末が賛否両論の作品。
はじめの一歩のように、夢を追って戦っているものとは一味違う路上格闘モノ。
一歩間違ったら単なる殺し合いの作品にもなりかねない。
独特の緊迫感とバイオレンスな格闘がたまらない作品。
主人公はいじめられっ子で不登校のひきもりで、ボクシング参考書を読み、ワンツーをひたすら目的も無く練習し続けて完成度の高いワンツーを身に付ける。
主人公にとって家とは苦痛の場所で、治安の悪い街の方が居心地が良いらしく、街に繰り出す癖がある。
案の定チンピラの絡まれるが、自然と繰り出したワンツーで倒してしまい、噂が噂を呼び色々な人間と戦う羽目になる。
意味も分からないまま戦い続ける。
別に相手を倒す事が好きでもないが、強くなろうと色々な技を習得したりする。
今まで敵だったらライバルと一緒に街を侵食する悪者を退治する事で完結する。
拳の意味と言う話題も出たりするけど、曖昧なままで終わってしまう。
勝手に解釈するなら、主人公は街が居心地が良く、そこにい続けたかっただけでは無いだろうか?



ベスト8 3月のライオン 羽海野 チカ

この漫画が凄いよと紹介するという趣旨からは外れるので除外。
でも、俺的には面白くなったのは2巻から。
一巻は発売日に買ったが、余り面白くないと感じて、2巻は見送った。
piaaさんの所で素晴らしいと書かれていたので、読んでみたら非常に素晴らしかった。
俺が書いた感想はこっち



ベスト9 少女ファイト 日本橋ヨヲコ

この漫画が凄いよと紹介するという趣旨からは外れるので除外。
独特の日本橋節がタマラナイ作品。



ベスト10 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 安彦良和

紹介するまでも無いファーストのリメイク作品。
結構巻数も出ていて、今年の?感が何とも。
シャアやラルの知られざる過去が描かれていたり、細かい変更も多いと感じた。
非常にリメイクの素晴らしさを感じた。
オリジナルを超えたと感じる。
もっとも、まだ完結していないけど。

実は恥ずかしい事に、最近友人が面白いと読ませてくれた事がきっかけでこの作品が素晴らしい事を知った。
一時期ガンダムエースを買った時期もあり、ガルマが死ぬ所くらいまでは読んでいたが、別に素晴らしいとも思わず。
ガンダムエースを買うのを辞めた。
長編の見切りの難しさを感じた。



ベスト11 それでも町は廻っている 石黒正数

独特の石黒正数節が魅力的な作品。
コミカルな中にしっかりとメッセージがあるのも特徴。
まー、あくまでギャグ漫画として面白い。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。