スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラストイニング20巻

ネタバレあり
場外戦(鳩ヶ谷のネタを使ったゆすり)終了。
野球の話に割って入って、そのサイドストーリーは自分的には邪魔だった。

ゆすりに関する話は、ダメ人間ばかり出てきて俺的には不快だった。
特に剛士の父親のダメさっぷり。
こういうタイプには誰しもなりそうなのが怖い。
元詐欺師仲間の方みたいな極悪人になれるのは素質が無いと無理だけど。
ただ、美里が何だかんだ言って野球馬鹿だっていう事が出てるのは非常に微笑ましかった。

自分的に今回の巻の見せ場は最後の方のクールなエースに触れられる所。
もっと嫌なヤツだと思ったら良いヤツ。
オーバースローからサイドスローへの転向。
投手ってもっとフォームに神経質だと思うけど、意外とすんなりサイドスローに転向する事に驚き。
何故、サイドスローよりオーバースローより投げにくいか説明されている話は非常に面白かった。
サイドスローの気をつけるべきは2点、オーバースローは9点らしい。

この漫画を読むと野球の技術って複雑でよく分らない所が多いと感じる。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。