スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラストイニング1巻より

負け試合の悔しさで夜中に目が覚める……そんな思い、したことあんのか?




鳩ヶ谷の勝つ為の理論に対して、例え負けても思い出になると言った毛呂山に対しての、鳩ヶ谷の怒りの返答。

勝つ為に血の滲むような努力をして来た人間に、負けても良い思い出というのは失礼だという事。
理論派でドライなイメージの鳩ヶ谷がいかに野球に強い思いがある事が分かる台詞でもある。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。