スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナックルとかツーシームとか

初ブルペン、ナックル姫始め…「足腰を鍛えないと」

女性がNPBに入る実力を発揮できる可能性としてナックルはありなのかな?
ただ、現在のNPBの球では手元で動く球だけでは難しいんじゃ無いかと素人ながらに思ったりする。
ツーシーム、シンキングファスト、スプリットフィンガーファスト、カットファストなどのムービングファストだけで活躍する選手はNPBには居ない。
ダルビッシュ、小林雅、清水、川上はムービングファストを武器しているものの、どの選手も球が速く最高150キロは推移する。
その選手の代名詞と言われるのは川上のカットボールと清水のSFFくらい。

ツーシームを武器とするマダックスは高校時代にストレートを動かすようにと指導されたらしいけど、それは単にアメリカの指導が進んでいるというだけではなく、ボールが違うってのもあると思う。
マダックスはチェンジアップもスライダーもあるだろって意見もあるらしいけど、昔はストレート(多分ツーシーム)で押していたとの事なので、かなりムービングファストだけで通じたんじゃないだろうか?

チェンジアップの普及率もボールの違いだと考えられる。
縫い目が高く、空気の影響が大きいという事は、回転を抑えた時のブレーキの利きが全然違うんじゃないかと思う。

モーション云々、投球時間云々いうのだったら、もっと多様性や可能性を持たせる為に、メジャーと同じ球を使ったら面白くなるんじゃないかと思った。

MLBではと4シームでも特にスピンが強いものをライジングファストというらしいけど、既にそれも変化球なのかな?
となると藤川が随一のムービングファストの使い手?


っと語ってみるものの単なる素人の空想だけど。(笑)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。